人生100年チャレンジ

人生100年チャレンジ

人気商品、ウクレレ、観光、心技体のお役立ち情報❣️

睡眠分析『Auto Sleep』アプリ|アップルウォッチ

f:id:bunbuta:20210604092905j:plain

このところよく眠れません😔
そこで、睡眠状況を知るため、アップルウォッチに『Auto Sleep』アプリをインストールしてみました。

本記事では、『Auto Sleep』アプリの初期設定方法、睡眠時間の確認・分析の仕方を紹介します。

初期設定

1.Auto Aleepを起動して画面右下の「歯車マーク」をタップすると設定画面に移ります。
下の方にある「構成」>「ウィザード」をタップします。

2.正確なデータが必要とな場合は「Apple Watchを付けたまま寝る」をONにします。

3.いつもの就寝時刻を設定します。

4.睡眠時間をカウントしない時間帯の設定をします。「なし」にすると24時間モニタリングしてくれます。

5.iPhoneを起きたかの判断に使うかどうかの設定です。Apple Watchを付けて寝る場合は「いいえ」で良いです。

睡眠時間の分析

f:id:bunbuta:20210604090714j:plain

 1.画面下のバーにある「時計」タブをタップすると、昨晩からの睡眠状況を確認することができます。単純に睡眠の質を時間分析したいのであれば、ここで確認したら良いでしょう。

2.時計の外周部分が「睡眠時間」を表しています。オレンジの点線部分は「Apple Watchを着けていない時間帯」を表しています。個人的には24時間表示がお勧めです。

履歴

f:id:bunbuta:20210604092331j:plain

下中央にある「履歴」タブをタップすると、月間カレンダーが表示され全記録データを確認することができます。

赤が続いているのは、睡眠が足りていない状況ですね。

睡眠の深さ

睡眠で疲労を回復するためには、深い睡眠をどれくらい取れているかが重要です。

ノンレム睡眠(深い眠り)とレム睡眠(浅い眠り)は1時間30分毎にきます。
最初の深いノンレム睡眠が特に重要と言われています。