人生100年チャレンジ

任天堂SWITCH、ウクレレ、人気商品のお役立ち情報❣️

ウクレレの各部の名称と役割|人生100年チャレンジ

f:id:bunbuta:20210602010115j:plain

ウクレレの各部に名前があるのを知っていますか?
本記事では、ウクレレの各部の名称とその役割について解説します。

ウクレレの各部の名称

ヘッド

ウクレレの”頭”にあたる部分ですヘッドには4つのペグがついています。

メーカー、ブランドによって形やサイズが多少異なり、この部分にブランドロゴがプリントされています。

ペグ

弦を巻き取り固定する装置のことです。このペグを、弦を巻き取るように回すことで弦の音程が高くなり、逆に緩めると音程が低くなります。

ギアペグとストレートペグの2種類があります。 

ペグからブリッジにかけて張られたナイロンやフロロカーボンなどの糸です。

弦の長さ、太さ、張りの強さによって、音の高さ(音程)が変わります。

弦が長い(低い)⇔ 短い(高い)
弦が太い(低い)⇔ 細い(高い)
弦の張りが緩い(低い)⇔ 張りが強い(高い) 

ネック

ボディからヘッドにかけての部分です。
ウクレレによってネックの幅や厚みが異なり、人によって弾きやすさの好みが分かれます。

フィンガーボード(指板)

ネックの表面に張られた板のことです。指板ともいいます。

ここを指で押さえることによって、弦の振動する部分の長さが変わり弦の音程が変わります。

ナット

ヘッドとネックの間の、弦を支える部分です。

牛骨やプラスチックなどでできています。材質、高さなど、ここの仕上がりが音質に大きく影響します。

フレット

フィンガーボードに打ち込まれた金属の棒です。

音程の変化が均等になるよう、弦を特定の位置で支える役割をもっています。
ヘッド側から順に1フレット、2フレット、3フレットと呼び、半音ずつ音程が上がります。

例えば、「2フレットを押さえる」という時は、1フレットと2フレットの間の2フレット寄りの部分を押さえます。

ポジションマーク

フィンガーボード上の、フレットの位置を分かりやすくするための目印のことです。

上からでも見やすいように、ネックの側面(上側)にも小さいポジションマークが打たれています。

ボディ

ウクレレの胴体部分です。

中が空洞になっていて、この中で音が反響することにより弦が振動した音が増幅されます。トップ(表面)、サイド(側面)、バック(背面)の3つの木板からなります。

サウンドホール

ボディの中心にあいた丸い穴です。

ボディの中で増幅された音がここから集中的に出てきます。

ブリッジ

弦の終端を留めるパーツです。

サドル

ブリッジの一部で、ヘッド側にあるナットと同様の役割を果たします。通常は素材もナットと同じものを用います。