人生100年チャレンジ

人生100年チャレンジ

人気商品、ウクレレ、観光、心技体のお役立ち情報❣️

THE EXCITING KANSAI|関西観光本部

f:id:bunbuta:20210601175040j:plain

「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長:総理大臣)においては、2030年における訪日外国人観光客の目標数値を6,000万人に設定し、観光分野を成長戦略の柱と位置付けています。

その実現に向け中心的役割を担うのが、日本版DMO(Destination Management/Marketing Organaization)です。

本記事では、そのDMOの一つである「関西観光本部の取り組み」を考察します。

関西観光本部に期待されている役割

関西観光本部とは、インバウンドの持つ活力を関西全域(福井県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県徳島県)に取り組むべく、経済界と自治体がタッグを組んで2017年に設立された組織です。

政府に登録された関西唯一の広域連携DMO(複数の都道府県に跨るエリアを一体として観光地域づくりを実施する団体)で、理念を見ると「世界中の旅行者に関西の魅力を活かした周遊旅行を提供し体感して頂くことで関西経済の成長に貢献すること」と書いています。

行動原則は、①地域や官民の枠にとらわれず、常に「五方よし」を意識すること②事業は客観的データと実態に基づき立案し、取組の過程と成果を「見える化」すること③自身の強みを活かし、当該本部が目指すゴールに向かって「行動と挑戦」を続けることです。ここでの五方とは、旅行客、サプライヤー、地域社会、関西観光本部、関西観光本部職員のことですね。

最近の主な取り組み

新型コロナウイルス感染拡大により国際間の人流が途絶える中、来たる反転攻勢時に向けて「訪関西機運情勢」「広域周遊観光ルートの形成」「可能な限りの海外プロモーション」「国内観光需要の関西への取り組み」を柱に活動中です。

広域周遊観光ルート『THE EXCITING KANSAI』

関西を8つのルートでブランディングし、インバウンド再興に備えた取組です。WEB サイト https://kansaiguide.jp/exciting/

(1)紀伊半島エリア (和歌山県奈良県三重県)
「心の原点への巡礼の旅」のエリア
巡礼の道、熊野古道は千年以上の時を経て日本の精神の原点を現代に残す。自分に向き合い高めるスピリチュアルな道。
【主要観光素材】熊野三山高野山熊野古道、吉野、十津川等

(2)播磨エリア (兵庫県)
「名城と侍文化、海の道」 都と西国を結ぶ要衝にあって、世界遺産姫路城を中心に今で
も残る戦国・侍文化。現代に至るまで多様な文化を容れながら発展している。
【主要観光素材】姫路城および播磨エリアの城郭、圓教寺、赤穂、
有馬温泉、神戸灘の酒蔵等

(3)琵琶湖西岸~北陸エリア (滋賀県福井県)
「水がはぐくむ文化と信仰」のエリア
日本最大の湖琵琶湖。後背地の山々の豊かな雪解け水は田畑を潤し、水郷を形成しながら暮らしや信仰に息づいている。
【主要観光素材】琵琶湖、比叡山延暦寺永平寺

(4)福井~琵琶湖東岸エリア (滋賀県福井県三重県)
「戦国文化とクラフト」
多くの武士が往来し武家文化・忍者文化が栄えたこのエリアは 1000 年以上続く伝統工芸から現代的なものまで「クラフト」のエリアでもあり、多くの匠を育ててきた。
【主要観光素材】越前漆器、越前打刃物、信楽焼彦根城

(5)神戸~淡路島~徳島エリア (兵庫県徳島県和歌山県)
「パノラミックな国生みの海」のエリア
内海ゆえの島影や渦巻く潮流など穏やかで広大で変化に富んだ海。ゆっくり滞在すると海に日が昇り、沈み、そこに生まれた国生みの神話や生活者の文化も見えてくる。
【主要観光素材】明石海峡大橋、鳴門の渦潮、人形浄瑠璃
藍染め等

(6)山陰海岸エリア (京都府兵庫県鳥取県)
「海岸美と恵み」のエリア
 奇岩や断崖の岬と漁村が交互に続く独特の地形は、息をのむ景色と豊かな漁場、穏やかな人々の営みを形成している。
【主要観光素材】天橋立、伊根の舟屋、城崎温泉浦富海岸鳥取砂丘

(7)奈良~伊勢エリア (奈良県三重県)
「神話から古代へ、日本の原点」のエリア
 神話時代までさかのぼる日本の原点。政治・文化のオリジンはここにあり、いくつもの時代の足跡が多重に折り重なる。
【主要観光素材】伊勢神宮、海女文化、斑鳩、飛鳥、吉野等

(8)丹波エリア (京都府兵庫県)
「実りの里山」のエリア
 京都と兵庫にまたがる「丹波国」は独自の作物が実る、豊穣の里山。そこに街道の要衝となる城下町や、都の食材を支えた町など個性が光る暮らしがある。
【主要観光素材】丹波篠山の城下町、丹波焼、美山、丹波ワイン丹波の食材等

海外旅行誌への掲載

世界的なハイエンド向けの旅行誌「NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVELLER」及び「NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVELLER FOOD」に関西エリアの特集を掲載。

フランス国内で絶大な人気を誇るガイドブック「Petit Futé(プチフテ)」が、初めて「Petit Futé Kansai」を編纂・発行。約330ページからなる本格的旅行ガイドブックで“THE EXCITING KANSAI”を特集。

Dream online企画

世界の方々に関西周遊旅行を選んでいただくために、またV字回復に向けた機運を醸成するため、昨年7月より動画『Dream online』を制作し発信しています。