人生100年チャレンジ

人生100年チャレンジ

人気商品、ウクレレ、観光、心技体のお役立ち情報❣️

ビジネス界で人気の「マインドフルネス」!簡単解説

f:id:bunbuta:20210701200042j:plain

ビジネス界で人気の「マインドフルネス」!

マインドフルネスは、社員のメンタルヘルス向上策として、特アメリカで人気があります。

マインドフルネスを実践により、
「いま・ここ」での体験にあるがままに気づくメタ認知
ことができると、
雑念にとらわれず「ストレス低下」「感情コントロール」「注意力向上」につながるというから不思議です。

簡単なので、いつでもどこでも実践しましょう!

マインドフルネスとは

「いま・ここ」での体験にあるがままに気づいている状態です。

  • ストレスのもとそのものを取り除けるわけではありません!気づくことでの対処方針や的確な判断ができやすくなると言うことです
  • 医学的解釈としては、マインドフルネスを実践することで、脳に2カ所あるDNN部分(デフォルト・モード・ネットワーク:過去の公開や未来の不安を想起、脳のエネルギーの60~80%を消費)の沈静化をおこない、一方で節約できたエネルギーで脳のCEN部分(セントラル・エグゼクティブ・ネットワーク:計画・意思決定・注意・記憶の処理などを司る)の活性化をおこなうというもの。

マインドフルネスの実践(瞑想)

  1. 自然な呼吸の中で自分の呼吸に注意を向ける
  2. 注意がそれる雑念が湧く
  3. 注意が逸れたことに気づく(メタ認知
  4. 注意を呼吸に戻す

・雑念が湧くことは自然なこと。大事なのは、その事実に気づくこと!
・コーヒ一杯飲むとき、信号待ち、花の香りを嗅ぐ、ロウソクの火を消す時にもできます!
・日常の中でルーティンに取り込むようにして、1日5分程度からスタートすると良い。
アメリカでは8週間毎日45分毎日が医学のスタンダード

マインドフルネス瞑想アプリ「RusseIIME」

Google Play Best of 2020「隠れた名作賞」を受賞している優れもののようです。

注意

マインドフルネスは、筋トレと同じで「実践」しないと身につきません。